2017年5月3日・5日 最後の釣行記。

2017.05.10.Wed.09:34
こんにちわ!
ジップベイツスタッフブログをご覧の皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか!?

私、スタッフPは毎年恒例(?)の山形県帰省という名の遠征釣行をしてきました!
そして今回からついにサクラマスデビューをする事になりました!!

・・・と言ってもサクラマス専用ロッドなど持っておらず、フィールドである山形県・日向川は大きな河川でもありません。
この河川でのサクラマスを狙うと決めた時から、浜名湖の流れが強いポイントにてヘビーシンキングミノー中心でシーバスを狙い、練習を重ねてきました。

あくまでイメージトレーニングなので、果たしてうまく行くかどうか・・・そもそも簡単に釣れる魚でもないし・・・。

こうして5月3日9時、日向川にていよいよスタートです!
今回の釣行にあたり、ジップベイツチームの富樫さんよりありがたく沢山の情報を頂き、自分なりにイメージを固めて挑みます。
富樫さんは今シーズン解禁日にリッジ90Sにてサクラマスをキャッチされており、とても心強いです♪

そうしてタックルバランスと河川規模を考慮し、リッジ70Sを結んでアップクロスで刻んでキャストして行きます。
少し上流にはエサ釣り師2名が先行者としていることから、邪魔にならないよう、細かくアップクロスで対岸にめがけてキャスト・・・。

水は澄んでおり、水温は低いよう。水量は富樫さんに見て頂いたところ、今シーズン最低水位であるそうな・・・。

アクションは流れに身を任せ、軽くトゥイッチを入れてキラっと光らせる程度。上流から扇状の潜航方向を描き、じっくりと丹念に探っていきます。
岩の間を滑らかにスイムする、リッジ70S。良い感じに釣れそうな気がしますが、果たして正解かどうかが分かりません・・・。

40分程、疑問を抱きつつキャストをしていると〝その時〟が来てしまいます(汗)
リッジ70Sを着水させ、3~4回目のトゥイッチで川の流芯に差し掛かった瞬間、『ゴゴン!』と下に下に引く生命感が!!

ロッドを立てて応戦するも重さが伝わらなくなり、無情にもリッジ70Sのみ手元に帰還します・・・。

「あれはサクラマスであったのだろうか・・・?」

姿が見れず、ルアーにもウロコがついていなかった為、真実は謎に包まれたまま。

20170510ブログ スタッフP最後の釣行記7

鳥海山が綺麗に見えました・・・(泣)
そして後日、このヒットについての〝後日談〟がたくさん出るとは思いもしませんでした。

午後よりジップベイツチーム・富樫さんと合流し、各ポイントを教えてもらいながら回る事に。
各ポイントを解説してもらいながら見ていると、濁りが入ってきてしまって状況が厳しくなります。

それでも私のヒットがサクラマスである事と思い、テンションが2人とも上がっていた為にあるポイントでロッドを出すことに!
そのポイントは午前中、私がチェックした場所。その時はカスリもせずに終了してしまい、2人で再エントリーの時は濁りもキツくなっております。

上流、下流と別れ、私は下流に下って行くことに。
すると上流から富樫さんの声が聞こえ、向かってみるとヒットしているではないですか!?

富樫さん、今シーズン2匹目キャッチに私も立ち会う事が出来ました!!
その時のスタッフレポートは(こちら)です!

20170510ブログ スタッフP最後の釣行記1




そして5月5日。
遠征釣行最終日ともあり、昼間は渓流魚を狙う事に!

気温がいきなり夏日になってしまったせいか、サカナがいまいち口を使ってくれずに悪戦苦闘・・・。
一昨年エントリーしたポイントではチェイスは確認出来るものの、ノーキャッチ・・・。

「ならば下流域の瀬を攻めてやる!」という事で・・・

20170510ブログ スタッフP最後の釣行記2

20170510ブログ スタッフP最後の釣行記3

なんとかリッジフラット50Sでヤマメ確保でぇーす!!

しかし続かず・・・。
こうなればさらに上流域に入渓すると決め、いざ出撃。

初めて入るエリア、少しドキドキしながらリッジフラット45Sで探ると・・・

20170510ブログ スタッフP最後の釣行記4

サカナがイワナに変わりました!!
ここでも続かず、巨大堰堤で引き返さざるを得ない状況になり、ここで終わる事としました。

引き返しながらもう一度レンジを下げてみようと思い、リッジフラット50Sをキャストすると・・・

20170510ブログ スタッフP最後の釣行記5

岩影から中々のファイターであったイワナが飛び出してきました!!

20170510ブログ スタッフP最後の釣行記6

キャッチした時、細軸に変更していたフックは曲げられ、さらにはスプリットリングから外れており、正に間一髪!!

ここで下山し、急いで初日にヒットしたサクラマスポイントへ!
しかし・・・。水位は高くなり、初日と違って濁りはキツく、1時間キャストするも無反応・・・。

この日もエサ釣り師2名が先行者としていた為、お話を聞くと・・・なんと私がヒットした同じ場所でサクラマスをバラしてしまったそうです!?

これにて、私のサクラマスと渓流遠征釣行は宿題を残しつつ、終了となりました。



そして5月9日、ジップベイツチーム・富樫さんが同じポイントにて私のやり残した宿題を無事に終えて下さいました♪
その時のスタッフレポートはこちら

この時事前に富樫さんから連絡を頂き、水位・透明度ともに私がバラした時と同じ状況。
私が「期待が高まりますね!」と連絡すると、「餌釣り師2名が先行者でいた様で、ダメかも知れないです・・・。」と返信があり。

「・・・ますますバラした時と似ている状況だな~」と思った4分後。
富樫さんはしっかりとサクラマスを釣られてました(驚)

また次回、サクラマスにチャレンジしてみようと大きく意欲が湧きました!!




ここで突然ではございますが、スタッフPは5月10日にて一身上の都合により、株式会社バスデイジャパンを退社する事となりました。これまで様々な形で支えて下さったフィールドスタッフの皆様や関係者様、そしてユーザー様には厚く御礼申し上げます。

ジップベイツ・バスデイの両ブランドにおけるホームページ、そして公式オンラインストアの運営をこれまでさせて頂き、色々と不手際があった事と思います。大変ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。
そして多くの皆様に支えられ、今日まで株式会社バスデイジャパンスタッフの一員として、楽しく過ごさせて頂きました。

本当にありがとうございました!!
これからもジップベイツをよろしくお願い申し上げます。




スタッフ P こと 小林 卓(コバヤシ タカシ)


******************************
お近くの当社製品取扱ショップで「リッジフラット45S/50S」「リッジ70S」の入手が困難な場合はこちらまでご連絡ください。
ジップベイツ公式オンラインストアはこちらより。
メール webmaster@zipbaits.com
電話  0533-83-8757  スマートフォンの方はこちらから電話をかけられます