スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015 THEキープキャスト

2015.01.28.Wed.21:26
キープキャスト

2月21・22日 東海エリア「最大級」のルアーフィッシングイベントのTHEキープキャストもひと月を切りました。

私たちジップベイツブースの目玉を紹介いたします!!

akame2_201501282053316e2.jpg
高知県在中 弘瀬伸洋様 (チーム釣りバカ隊所属)

昨年秋、高知県にてZBLシステムミノー15HD-Fで見事に釣り上げた117cm28Kのアカメのカラー魚拓をジップベイツブースにて展示いたします。

akame.jpg


現在、高知県でしか釣る事が出来ないアングラーの憧れの魚「アカメ」を見に来てください。

スタッフ S

今回アカメを釣り上げたHITルアーZBLシステムミノー15HD-Fは→こちら
スポンサーサイト

6th Honmoku Lure Fishing Festival ご来場ありがとうございました。

2015.01.26.Mon.19:47
横浜フィッシングピアーズ様 主催 「6th 本牧ルアーフィッシングフェスティバル」にいってきました。

会場は一年中海釣りが楽しめてしまう、本牧海釣り施設
詳細はこちら

久保田 さん7

釣り場の風景です!参加者も180人を数え、一般のエサのお客さんの含め多くのアングラーで一杯!

久保田さん 4

当社もジップベイツチームの久保田さんを招き初参戦してきました。

久保田さん 8
さすが地元の久保田さん、多くのアングラーに囲まれ常に質問攻めにあっていました。
久保田さんのブログはこちら

久保田さん 3
久保田 さん 5

当日はジップベイツルアーを展示し、実際にルアーに触れてもらいながら、アンケートを実施し多くのアングラー様に協力していただきました。

ご協力いただいたアングラーの皆様ありがとうございました。

私自身も神奈川のフィールドそしてイベントは初体験でして、多くの刺激をいただきました。

今回頂いた貴重なご意見は今後の商品開発のヒントになればと思います。

久保田さん 2
最後に大会運営にかかわったスタッフ様 お疲れ様でした。

スタッフ S

男鹿半島 ロックフィッシュ釣果報告!!

2015.01.21.Wed.21:41
秋田県、男鹿半島でのロックフィッシュの釣果報告を頂きました。

男鹿半島といえば、秋田県の西部にある半島でありの付け根にはバスで有名な八郎潟や北側にはサクラマスで有名な米代川が流れており、ふるくからなまはげで有名な地域です。

今回、男鹿半島の釣果報告を頂いたのは秋田県にお住いの佐々木翼様

おもにお住いの秋田県をメインフィールドにし渓流、ロックフィッシュ、シーバス、サクラマスと旬な魚を追いかけているマルチアングラーさんです。

そして今回は佐々木さんに男鹿半島での釣果レポートを頂きましたので紹介します。

「なかなか風と波が落ち着かない日々ですが数少ない天気の落ち着くチャンスがありました。

今回は男鹿半島一帯の風裏を探しすべてのプラグでの釣果に挑戦してみました。

特に磯が隣接する漁港の藻の絡むエリアをチョイス。

またメバル以外にソイの釣果も見込めるため表層からボトムまで幅広く探ってみた。
翼さん1
S.P.M55 カラーチャートはこちら

数多く反応を得るものの細いシルエットのザブラ S.P.M55への反応が良く藻の際でのヒットが多発。

ザブラ ラファエルは漁港の外灯の明暗での反応がよく、大荒れの中でも活性の高い魚をコンスタントにプラグで釣果を出すかとができました。
翼さん2ラファエル カラーチャートはこちら

佐々木 翼」

佐々木さんありがとうございます。

まだまだ寒さが厳しい日本海での釣果レポートありがとうございます。

スタッフ S

※S.P.M55、ラファエルは毎年12月頃に当社から出荷されてます。プラグシーズンがが始まりる春先には品薄の場合がございます。早目の購入をおすすめします。
お近くの当社製品取扱ショップで「S.P.M55」「ラファエル」の入手が困難な場合はこちらまでご連絡ください。
メール webmaster@zipbaits.com
電話  0533-83-8757  スマートフォンの方はこちらから電話をかけられます

本牧ルアーフィッシングフェスティバル!

2015.01.19.Mon.21:14
本牧

1月25日(日)に、横浜の本牧にあります横浜フィッシングピアーズにおいて
第6回本牧ルアーフィッシングフェスティバル(詳しくはこちら)が開催されます。

ジップベイツもブースを出展致します。

ジップベイツ独自のMAG-DRIVEパネルやソルトルアーZBLシリーズのパネルを展示。

そして実際にルアーを触って、見て楽しんで下さい。そして数量限定で当日だけのスペシャルな事もしています。

ゲストにジップベイツファミリーの久保田剛之さんが来場します。

2015119久保田さん

【久保田剛之さんプロフィール】

神奈川県在住。
「10日に1匹しか釣れないと言われてきた相模湾でシーバスはちゃんと居る、釣れることを実証している。
ヒラメ、マゴチにも精通しているアングラーです。
相模湾は東京湾に比べ数は少ないが、メーターオーバーも狙える夢のあるフィールドです」(本人談)

この機会に、相模湾の色々な情報を久保田さんから聞き出してください。

久保田さんのブログはこちら

メーカー展示は午前8時から午後3時となっています。
ジップベイツは黄色いテントが目印です。皆様のご来場をお待ちしています。

スタッフS

ZBLデビルフラッターで河川攻略!

2015.01.12.Mon.21:39
山口県東部エリアの河川を拠点に活動している

ジップベイツファミリーの神村さんより新年早々80cmオーバーのランカーシーバスの釣果を頂きました。

神村さん20152
使用ルアーはZBLデビルフラッタ―77S

ホームリバーである、山口県東部の河川をZBLデビルフラッター77Sを使用して攻略。

表層部から一投ずつ泳層を下げていき、見事シーバスの捕食エリアを探りあて見事にランカーシーバスを攻略されました。

あなたはZBLデビルフラッター77Sをご存知ですか?


前回の記事で、ZIPBAITSファミリーの神村さんが使っていたデビルフラッター77S。

デビルフラッター77Sはフラットサイドフォルムのソルトシャッドです。

フラットサイドとは、簡単に言うと「平べったい」ルアーです。

魚に対するアピールを強くするため、この「平べったい」大きな平らの側面が必要で、

さらにその側面を有効に生かすために水を攪拌するように強め(大きなアクション)の泳ぎのルアーが多いです。
ZBLデビルフラッターは従来のフラットサイドボディーの弱点を見事に克服した、新しいタイプのフラットサイドミノーです。

そんなフラットサイドフォルムのルアーですが、その強めの泳ぎを維持するためにデメリットがあります。

それは、強めな泳ぎ(大きなアクション)をすると、従来の球が転がるタイプの重心移動や、移動ウエイトが固定されないタイプの

ルアーでは、重心ウエイトが暴れてしまいルアーのバランスを崩しやすくなるということです。

重心ウエイトが暴れない固定ウエイトルアーの利点は。

・大きなアクションでも安定している。

・狙ったコースを狙いやすい

この利点に対しデメリットもあります。

それは、「飛距離」が犠牲になるということ。

重心ウエイトが固定されているため、キャスティング時に重心ウエイトが後方に移動する重心移動ウエイトルアーに比べ

どうしても「飛距離」が出ません。さらに飛行姿勢が安定せず狙ったところにキャストしずらいということもあります。

このデメリットを克服するためにZIPBAITSではMAG-DRIVEシステムをこのデビルフラッター77Sに搭載しました。

MAG-DRIVEシステムはルアーが泳いでいるときは重心ウエイトが前方でマグネットで固定されていて(固定ウエイトルアーと同じ)

キャスティング時には重心ウエイトがマグネットから外れルアー後方に移動します。(重心移動ウエイトルアーと同じ)

つまり、固定ウエイトルアーの利点と重心移動ウエイトルアーの利点の両方を兼ね備えたシステムです。

このMAG-DRIVEシステムを搭載し、固定ウエイトのアクションと重心移動ウエイトの飛距離を高バランスで実現したのがデビルフラッター77sです。

デビルフラッターの開発こぼれ話にりますが、

ZIPBAITSチームメンバーの浅川氏が、開発チームと「ウィスパー」と言うミノーを創りあげる作業を進めていた時から、、、

このデビルフラッターのコンセプトをじっくりと練り込んでいました。

「ロッドで操りターゲットを掛ける」

トゥイッチやジャーキングなどのロッドアクションでルアーを操り

自らロッドを操作して狙ったストラクチャーに潜む魚を獲る攻撃型のルアー

フラットサイドの特徴を最大限に生かしながら、重心移動ルアーの飛距離を実現する事で、

攻撃型の戦略を組むことが出来るフラットサイドフォルムのソルトシャッド。

それが、ZBLデビルフラッター77Sです。

スタッフ S

※ZBLデビルフラッターは好評発売中です。ご希望のカラーが品薄の場合がございます。早目の購入をおすすめします。
お近くの当社製品取扱ショップで「ZBLデビルフラッター77S」の入手が困難な場合はこちらまでご連絡ください。
メール webmaster@zipbaits.com
電話  0533-83-8757  スマートフォンの方はこちらから電話をかけられます

2015 ザ・キープキャスト 来場テスター決まりました!

2015.01.09.Fri.19:42
キープキャスト

2015 2月21日(土)、22日(日)
に行われる東海エリア「最大級」のルアーフィッシングイベント
ザ・キープキャストの最新情報です。

イベント開催期間中の来場ジップベイツテスターの紹介です。

2月22日(日)

大野さん キープキャスト

浜名湖を中心にボートゲームやおかっぱりシーバスで活躍をされている「大野卓也」さん。

2月21日、22日
キープキャスト もっくん


地元愛知全般、そして日間賀島を得意とする「もっくん」こと設楽元喜さん。

中部エリアを中心に活動するお二人を迎えてブースにてお待ちして終えいます。

この時でないと聞けないこぼれ話や、ジップベイツルアーの使い方等、どんどん聞いちゃいましょう。

随時ザ・キープキャストの情報が入り次第紹介します。

スタッフ S

リッジ35F メバル好調!!

2015.01.05.Mon.20:19
大分県在中の早田さんより好釣果の連絡をいただきました。

早田さん2015

2015年初釣りでメバルの数釣りを楽しまれたそうです。

産卵が終わり体力を回復するために食い気を増したメバルか果敢にプラグに襲い掛かってきたそうです。

早田さん20151
リッジ35F チャートクリアヘッド

メインで使用したプラグはリッジ35F。。

水面でパチャパチャと捕食音が仕出し、あきらかにメバルが表層を意識し始めた時は、リッジ35Fの出番です。

なぜリッジ35Fはミノーなのに表層を意識したメバルに効果があるのか?

それは、リッジ35Fの浮力とボディの太さに秘密があります。

通常の場合ミノーはゆっくり一定の速度を保ち、ただ巻きで誘うのが定番の使い方です。

しかし表層を意識しているメバルは、プランクトンやアミを捕食している事が考えられます。

その時はいかにメバルにルアーの存在を築かせ、捕食まで導かせるかがカギとなります。

そこでリッジ35Fのボディの太さが肝になります。

メバルルアーはワームを代表するように細身のシルエットがメインになりますが、リッジ35Fはその逆です。

使い方は一定のスピードで巻き、そして止める。その繰り返しです。

そのボディの太さにより大きな波動発生し、さらに水中をかき混ぜる事により、メバルにルアーの存在を築かせます。

そしてルアーを止めて水面にTOPウォーターのように数秒漂わせる事により下から見るルアーは光の屈折によりアミやプランクトンの集まりを演出します。

思わずメバルも飛びついてしまう訳です。

リッジ35Fの色々な釣り方の中のひとつですが、また他の釣り方も今後紹介していきます。

最後にリッジ35Fが史上最少のマグドライブシステム搭載のルアーであり、当然サイレント性能が上記の釣りに有効なのも追加しておきます。

スタッフ S

※リッジ35Fは毎年12月頃に当社から出荷されてます。プラグシーズンがが始まりる春先には品薄の場合がございます。早目の購入をおすすめします。
お近くの当社製品取扱ショップで「リッジ35F」の入手が困難な場合はこちらまでご連絡ください。
メール webmaster@zipbaits.com
電話  0533-83-8757  スマートフォンの方はこちらから電話をかけられます

新年あけましておめでとうございます。

2015.01.01.Thu.19:30
P1000541_20150101192934264.jpg
あけましておめでとうございます。

本年もジップベイツを宜しくお願い致します。

平成二十七年 元日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。