ルアーよもやま話

2017.06.14.Wed.18:02
今回はアイのお話し

アイって何?

よく言う「アイ」って、ルアーだと頭に付いている金具でラインを結んだり、スナップを付けてルアーを引っ張るところです。
普通のルアーには頭とお腹と尻尾に3つ付いていることが多いです。

この金具は、通常アイ、アイレット、ダルマピン、エイトカン(環)、八の字金具などと呼ばれているみたいです。
弊社はダルマピンって呼ぶことが多いです。(これって業界用語?)

材質は錆びに強いステンレスで出来ています。
ステンレスと言っても色々ありまして、バネ鋼といわれる固いものや、手で簡単に曲がってしまう柔らかい材質のものまであります。
ルアーに使っている材質は、ある程度固くある程度柔らかいステンレス(いい加減で曖昧な表現ですが)を使います。固いステンレスですと強度があり丈夫で曲がりにくいのですが、ルアーの泳ぎを調整するためのアイ調整がやりずらくなってしまうので、ある程度固くある程度柔らかくて曲げやすい材質を使ってアイ調整で僅かに曲げても戻らないようにしています。

また、よくルアーを石などにぶつけてお尻のアイが曲がってしまうことがあります。曲がらないように固い材質のステンレスを使うと丈夫ですが、今度は石に当たると折れてしまう可能性もあります。

次に大きさですが、現在は線径0.6mmから1.3mmまでの太さがあり、長さもひとつの線径で数種類ありますので全部で十数種類のサイズがあります。また、色も素材の色のシルバーと黒色があります。ちなみに赤いフックはありますが、ダルマピンにはありませんね。

なぜこんなに多くのサイズがあるかというと、昔は既製品の金具を購入し使っていましたが、ルアーの設計段階で性能を求めていくとどうしても既製品のサイズでは収まらないことがあります。そうなると汎用性より性能重視でオリジナルのサイズを作成することになり、現在の種類になっています。

現在は、この十数種類のサイズの中から合うもので設計していますが、このダルマピンの形では収まらないことがあります。それはディープタイプのルアーなどでよくある薄いリップもそのひとつ・・・このリップに使う金具のお話は別の機会に。

20170614.jpg

久しぶりの更新となりました。
いつも見て下さっている方、申し訳ありませんでした。
今後は、ルアーや釣りに関する話を掲載してまいります。
今後とも、よろしくお願い致します。

バスデイスタッフ C

2017年1月18日 スタッフPのボールペン。

2017.01.18.Wed.18:08
こんにちわ!
2017年は釣りの事ばかりではなく、『雑記などを多く綴って行こうと思います!』年初めのブログで宣言したばかりのスタッフP。


さっそくの雑記ブログ更新です。

さて、何を綴ろうか・・・

色々と考えた結果、ボールペンの話に決めました。

現在使っているのは、下写真のボールペン。

20170118ブログ スタッフPのボールペン1

このボールペン、実はジップベイツ(株式会社バスデイジャパン)に入社する前からのお付き合いでかれこれ3年位?使用しております。

私の場合、現在はパソコン業務が主となっているのですが、実は文字を書く事も非常に多いのです・・・。
普通に本屋さんや文房具屋さんで売られている、何の変哲もないシャープペンシル+4色ボールペンですが、購入当時の特典として名前がレーザーで刻まれてます!
※だから何?という話ですが・・・

20170118ブログ スタッフPのボールペン2

書き心地もスムーズで、サラサラとインクが出ます。
実は私、このような文房具は紛失する事がとても少なく中学生の頃に購入したシャープペンシルを社会人になっても使い続けたこともあったりします♪(8~9年くらい?)

最後は紛失してしまい、相当気落ちした事を今でも覚えております・・・(泣)

そして現在のボールペン。
やはり一度見失うとソワソワしてしまい、仕事が手につかないこともしばしば。その時は社内で必死に探しております(笑)

20170118ブログ スタッフPのボールペン3

そんな相棒の為に、常に替え芯のストックが机の中に・・・。
かなりの頻度で交換してます(笑)



ユーザーレポート等を普段から拝見しておりますと相当使い込んでいるアイテムを見かける事も珍しくありません。

よく使う=無くなると困る

私のボールペンと一緒にしてしまうと失礼にあたりますが、愛着を持ってジップベイツアイテムを使い続けて下さって、ホントに感謝です!!

多くのユーザー様に支えられて成り立つジップベイツ。
そのユーザー様が多くの釣果に恵まれる様、これからもアイテムをご提供させて頂きたいと思います!!

そしてこちらのユーザー様も良い釣果に恵まれたようで・・・

20170118ブログ スタッフPのボールペン4

20170118ブログ スタッフPのボールペン5

(情報提供:太田釣具 様

P.N もと 様が2017年1月中旬に静岡県・天竜川サーフにて釣られた素晴らしいシーバス!

ヒットルアーはZBLバイブ80-25G !!

P.N もと 様、太田釣具 様、ありがとうございます!!

このブログをご覧の皆様にも、ジップベイツアイテムへたくさんの愛着を持って頂き、良釣果に恵まれましたら嬉しい限りです。


スタッフ P


******************************
お近くの当社製品取扱ショップで「ジップベイツアイテム」の入手が困難な場合はこちらまでご連絡ください。
ジップベイツ公式オンラインストアはこちらより。
メール webmaster@zipbaits.com
電話  0533-83-8757  スマートフォンの方はこちらから電話をかけられます



祝!マダカップ3連覇!!大野さん来社!!!

2016.10.05.Wed.11:34
こんにちは!
今回のスタッフブログは先日10月1日~10月2日で開催された、

遠州三河シーバスフィッシングトーナメント マダカップ2016

のボート部門に出場した、ジップベイツチーム・大野さんがご来社された様子について綴りたいと思います。

このマダカップ!大野さんは昨年・一昨年と優勝されており、個人で大会2連覇中という素晴らしい結果を残しておりました。

今回は3連覇という、前人未到の結果がかかっている大事な大会。



私には到底掛かった事のない、相当なプレッシャーの中での勝負になった事と思います・・・。


そして見事に・・・


20161005ブログ 大野さんマダカップ2016 1

大野さん、3連覇達成!!!
この優勝により、とてつもない記録が生まれました・・・。


今年の静岡県・浜名湖は例年になく、シーバスの着き場を探すのが困難な状況にあり、数々のアングラーを苦しめている状況です。
この大会は浜名湖以外もフィールドとして設定されている(愛知県東三河地区や西三河地区など)為湖内での釣果で結果を残される事は、本当に困難を極めたと思います。

20161005ブログ 大野さんマダカップ2016 3

ご本人より、バスデイジャパン社長へご報告。前回同様にご謙遜され、

『運が良かったです。』

と仰られておりましたが・・・。運だけで優勝できる事は当然ない事は、今年の浜名湖で釣りをした事のあるアングラー様はご納得頂けると思います。

私も心のどこかで、『大野さんなら3連覇達成してくれる!』と思っておりましたが、それは〝楽にゲーム展開をして、プラン通りに行くであろう〟という事も含まれておりました。




しかし実際は自然相手。
やはり大きなドラマがあった事をお聞きし、驚愕。



その内容につきましては後日、大野さんよりスタッフレポートとして頂く予定ですので、お楽しみに!!
↑こういう事が大野さん曰く〝ジップベイツスタッフ陣のムチャ振り指令〟であるそうです(笑)大野さん、ごめんなさい!!



そしてトロフィーは今年も2個。

20161005ブログ 大野さんマダカップ2016 2

大野さんが所属する、チームショッカーも大会3連覇!!!

大野さんはもちろんですが、チームメンバーもその実力を発揮して獲得した栄光・・・。

こちらも同様に、素晴らしい結果です!!
大野さん!チームショッカーの皆様!!改めておめでとうございます!!

無事に素晴らしい結果で大会を終え、しばらくごゆっくりして頂ければと思います。
皆様、お疲れ様でした!!






そして今大会の〝キー〟となったのは、ZBLシャッド70SS

ボートゲームパーティー in 浜名湖 2016をはじめ、今年の大会でエースとなっているZBLシャッド70SSが他のアイテムとどのような関わりがあったのでしょうか??

スタッフレポートの更新をお楽しみに!!


スタッフ P
大野さん、ムチャ振り多くてごめんなさい・・・。


******************************
お近くの当社製品取扱ショップで「ジップベイツアイテム」の入手が困難な場合はこちらまでご連絡ください。
ジップベイツ公式オンラインストアはこちらより。
メール webmaster@zipbaits.com
電話  0533-83-8757  スマートフォンの方はこちらから電話をかけられます

2016年9月14日 ジップベイツチーム・佐々木翼さん 来社!

2016.09.15.Thu.14:48
こんにちわ!
ジップベイツがある愛知県・豊川市では、なかなか太陽がお目見えしない日々が続いております・・・。

昨日も曇りで、なんだかドンヨリ。

そんな中、なかなか私たちもお会いする事が出来ない御方が来社下さいました♪







翼さん 来社1

秋田県を中心にトラウトをはじめ、様々なジャンルの釣りで活躍しているジップベイツチームの佐々木翼さんです!!

佐々木さんは先般開催されたリオ・オリンピック2016にて、日本でも注目を浴びた競技カヌーの現役全日本選手なのです!

今回は2016年9月9日~2016年9月11日、スロベニア・タッツェンにて開催された『カヌースラローム ワールドカップ 最終戦』に出場!帰国後、弟で同じく現役全日本選手でもある、佐々木優さんと共にお立ち寄り下さいました。

試合結果はといいますと、なんとスラロームクロス競技にて日本人初となるカヤックシングル3位で銅メダルを獲得!

翼さん 来社2

素晴らしい結果を残されました!!

翼さん 来社3

その時のお話やカヌー競技のウラ話など、お2人が分かりやすく私たちに説明して下さいました。
お話を聞いていると私たちでは想像できない努力があり、ついつい色々と質問してしまいます(汗)

翼さん 来社6

そして1つ1つの質問へ丁寧に答えて下さる、お2人。お疲れのところ、ありがとうございます(汗)

翼さん 来社4

そして話はやはり釣りのお話へ・・・(笑)

秋田県のフィールドの事や、佐々木さんの幼少期からのサカナにまつわる話など・・・まぁ~尽きません!!

今年は東北地方を中心に多く出没している熊のエピソードや山菜のエピソード、優さんとお2人で釣行に行かれる時の役割分担などなど・・・

翼さん 来社5

それぞれが食い入る様に聞き入っていました(笑)

また、気になるサクラマスアイテムプロトカラーのインプレッションについても・・・。

20160513掲載 プロトカラーとサクラマスのつき場。1

この時のお話については、また別の機会に♪



色々と盛り上がった談話の後は、以前から気になられていた浜名湖をスタッフPがご案内。
どのようなフィールドか実際に見て頂きました!!

そして早くも来年の浜名湖釣行予定を計画するお2人に、只々脱帽です(汗)




翼さん 来社7

そうしてお2人は次のカヌー競技の試合に向けて、出発していきました。

佐々木翼さん、改めて3位入賞おめでとうございます!!

お2人が次の試合でも飛躍する事、愛知県・豊川市より願っております!!


スタッフ P
また次回、ご一緒に釣行出来る事楽しみにしております♪


******************************
お近くの当社製品取扱ショップで「ジップベイツアイテム」の入手が困難な場合はこちらまでご連絡ください。
ジップベイツ公式オンラインストアはこちらより。
メール webmaster@zipbaits.com
電話  0533-83-8757  スマートフォンの方はこちらから電話をかけられます

〝アルミ真空蒸着〟についてのお話。

2016.01.28.Thu.17:39
こんにちわ!今回のブログは久しぶりの雑記になります。

お題は『アルミ真空蒸着』
なかなか聞きなれないユーザー様も多いかと思います。

すごく簡単に言うと〝メッキのように光らせる加工の1手法〟です。
この手法について、どういう事か解説していきたいと思います。


蒸着1



現在、市場にはいろいろな表面加工を施したルアーがたくさんあります。

・ボディにそのまま着色するもの(パールベース、ホワイトベース、チャートベースなど)
・ボディに真空蒸着をを施し着色したもの(よく言うメッキカラー)
・ボディにホットスタンプを施し着色したもの(ホログラム加工のものが多い)


があり、その他にボディにアルミ箔などを貼ったものもありますが、大きく分けるとこの3種類となります。

使用する材料はアルミ・クロム・亜鉛・金・銀などがありますが、ルアーに主に使用しているのはアルミを使った『アルミ真空蒸着』になります。

このアルミ真空蒸着とはどういう事かと言いますと・・・

真空の容器のなかにルアーとアルミを入れアルミを熱で溶かして蒸発させ、その蒸発したアルミがルアーの表面に付着。アルミの膜を作り、鏡面状になること。

これが真空蒸着です。
正に『真空蒸着』の名の通り、真空の中でアルミを蒸発させ着けることです。
簡単に例えると、沸騰したお湯から出る水蒸気(湯気)にルアーをかざすと、水滴が付きます。水蒸気が「蒸発したアルミ」、水滴が「付着したアルミ」となり、これと同じ原理です。

実際の工程としましては、ルアーの表面の滑らかにするためと、アルミが付着しやすいようにルアーにアンダーコート塗装をし、真空蒸着を行います。
また、真空蒸着でルアー表面に付いたアルミは膜が非常に薄く柔らかく、空気中で酸化しやすいため、酸化防止と傷防止の目的にトップコート塗装を行います。



蒸着2



その後、通常の着色を施して完成となります。
もちろん完成までには、着色の後にアイシールを貼り付け、最終のトップコート塗装をし、ネームの印刷を行い、フックを取り付け、パッケージに入れて完成となります。



蒸着4
※アルミ真空蒸着を施したジップベイツアイテムのカラー達。



アルミ真空蒸着の利点としましては、ルアーボディ全体が鏡面になるということです。
ホログラムなどのホットスタンプ加工では、通常はボディの左右だけで背中とお腹は素地のままになっています。

真空蒸着ではその背中やお腹まで鏡面になっており、またアルミはクロームメッキなどより白っぽく光ることもメリットになります。


蒸着3


右のアカキンと左のホロイワシを比べるとリアフック金具部まで鏡面になっていることが一目瞭然です。

皆様、お手持ちのジップベイツアイテムのリアフック金具部をご覧になってみて下さい。
鏡面加工されているものがきっとあると思います。

そして確認出来たら、背中とお腹を見てみましょう!!

どこかが鏡面光りするカラーリングになっているものがございます。その〝光る箇所〟が釣果に結び付けるための『カラーの秘密』になります。

釣りに行けない時。アイテム整理の時。

ジップベイツアイテムを眺めて、「ご自身の釣行」に当てはめてみてはいかがでしょうか?


******************************
お近くの当社製品取扱ショップで「ジップベイツアイテム」の入手が困難な場合はこちらまでご連絡ください。
ジップベイツ公式オンラインストアはこちらより。
メール webmaster@zipbaits.com
電話  0533-83-8757  スマートフォンの方はこちらから電話をかけられます