スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルアーよもやま話

2017.06.14.Wed.18:02
今回はアイのお話し

アイって何?

よく言う「アイ」って、ルアーだと頭に付いている金具でラインを結んだり、スナップを付けてルアーを引っ張るところです。
普通のルアーには頭とお腹と尻尾に3つ付いていることが多いです。

この金具は、通常アイ、アイレット、ダルマピン、エイトカン(環)、八の字金具などと呼ばれているみたいです。
弊社はダルマピンって呼ぶことが多いです。(これって業界用語?)

材質は錆びに強いステンレスで出来ています。
ステンレスと言っても色々ありまして、バネ鋼といわれる固いものや、手で簡単に曲がってしまう柔らかい材質のものまであります。
ルアーに使っている材質は、ある程度固くある程度柔らかいステンレス(いい加減で曖昧な表現ですが)を使います。固いステンレスですと強度があり丈夫で曲がりにくいのですが、ルアーの泳ぎを調整するためのアイ調整がやりずらくなってしまうので、ある程度固くある程度柔らかくて曲げやすい材質を使ってアイ調整で僅かに曲げても戻らないようにしています。

また、よくルアーを石などにぶつけてお尻のアイが曲がってしまうことがあります。曲がらないように固い材質のステンレスを使うと丈夫ですが、今度は石に当たると折れてしまう可能性もあります。

次に大きさですが、現在は線径0.6mmから1.3mmまでの太さがあり、長さもひとつの線径で数種類ありますので全部で十数種類のサイズがあります。また、色も素材の色のシルバーと黒色があります。ちなみに赤いフックはありますが、ダルマピンにはありませんね。

なぜこんなに多くのサイズがあるかというと、昔は既製品の金具を購入し使っていましたが、ルアーの設計段階で性能を求めていくとどうしても既製品のサイズでは収まらないことがあります。そうなると汎用性より性能重視でオリジナルのサイズを作成することになり、現在の種類になっています。

現在は、この十数種類のサイズの中から合うもので設計していますが、このダルマピンの形では収まらないことがあります。それはディープタイプのルアーなどでよくある薄いリップもそのひとつ・・・このリップに使う金具のお話は別の機会に。

20170614.jpg

久しぶりの更新となりました。
いつも見て下さっている方、申し訳ありませんでした。
今後は、ルアーや釣りに関する話を掲載してまいります。
今後とも、よろしくお願い致します。

バスデイスタッフ C

スポンサーサイト

2017年5月3日・5日 最後の釣行記。

2017.05.10.Wed.09:34
こんにちわ!
ジップベイツスタッフブログをご覧の皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか!?

私、スタッフPは毎年恒例(?)の山形県帰省という名の遠征釣行をしてきました!
そして今回からついにサクラマスデビューをする事になりました!!

・・・と言ってもサクラマス専用ロッドなど持っておらず、フィールドである山形県・日向川は大きな河川でもありません。
この河川でのサクラマスを狙うと決めた時から、浜名湖の流れが強いポイントにてヘビーシンキングミノー中心でシーバスを狙い、練習を重ねてきました。

あくまでイメージトレーニングなので、果たしてうまく行くかどうか・・・そもそも簡単に釣れる魚でもないし・・・。

こうして5月3日9時、日向川にていよいよスタートです!
今回の釣行にあたり、ジップベイツチームの富樫さんよりありがたく沢山の情報を頂き、自分なりにイメージを固めて挑みます。
富樫さんは今シーズン解禁日にリッジ90Sにてサクラマスをキャッチされており、とても心強いです♪

そうしてタックルバランスと河川規模を考慮し、リッジ70Sを結んでアップクロスで刻んでキャストして行きます。
少し上流にはエサ釣り師2名が先行者としていることから、邪魔にならないよう、細かくアップクロスで対岸にめがけてキャスト・・・。

水は澄んでおり、水温は低いよう。水量は富樫さんに見て頂いたところ、今シーズン最低水位であるそうな・・・。

アクションは流れに身を任せ、軽くトゥイッチを入れてキラっと光らせる程度。上流から扇状の潜航方向を描き、じっくりと丹念に探っていきます。
岩の間を滑らかにスイムする、リッジ70S。良い感じに釣れそうな気がしますが、果たして正解かどうかが分かりません・・・。

40分程、疑問を抱きつつキャストをしていると〝その時〟が来てしまいます(汗)
リッジ70Sを着水させ、3~4回目のトゥイッチで川の流芯に差し掛かった瞬間、『ゴゴン!』と下に下に引く生命感が!!

ロッドを立てて応戦するも重さが伝わらなくなり、無情にもリッジ70Sのみ手元に帰還します・・・。

「あれはサクラマスであったのだろうか・・・?」

姿が見れず、ルアーにもウロコがついていなかった為、真実は謎に包まれたまま。

20170510ブログ スタッフP最後の釣行記7

鳥海山が綺麗に見えました・・・(泣)
そして後日、このヒットについての〝後日談〟がたくさん出るとは思いもしませんでした。

午後よりジップベイツチーム・富樫さんと合流し、各ポイントを教えてもらいながら回る事に。
各ポイントを解説してもらいながら見ていると、濁りが入ってきてしまって状況が厳しくなります。

それでも私のヒットがサクラマスである事と思い、テンションが2人とも上がっていた為にあるポイントでロッドを出すことに!
そのポイントは午前中、私がチェックした場所。その時はカスリもせずに終了してしまい、2人で再エントリーの時は濁りもキツくなっております。

上流、下流と別れ、私は下流に下って行くことに。
すると上流から富樫さんの声が聞こえ、向かってみるとヒットしているではないですか!?

富樫さん、今シーズン2匹目キャッチに私も立ち会う事が出来ました!!
その時のスタッフレポートは(こちら)です!

20170510ブログ スタッフP最後の釣行記1




そして5月5日。
遠征釣行最終日ともあり、昼間は渓流魚を狙う事に!

気温がいきなり夏日になってしまったせいか、サカナがいまいち口を使ってくれずに悪戦苦闘・・・。
一昨年エントリーしたポイントではチェイスは確認出来るものの、ノーキャッチ・・・。

「ならば下流域の瀬を攻めてやる!」という事で・・・

20170510ブログ スタッフP最後の釣行記2

20170510ブログ スタッフP最後の釣行記3

なんとかリッジフラット50Sでヤマメ確保でぇーす!!

しかし続かず・・・。
こうなればさらに上流域に入渓すると決め、いざ出撃。

初めて入るエリア、少しドキドキしながらリッジフラット45Sで探ると・・・

20170510ブログ スタッフP最後の釣行記4

サカナがイワナに変わりました!!
ここでも続かず、巨大堰堤で引き返さざるを得ない状況になり、ここで終わる事としました。

引き返しながらもう一度レンジを下げてみようと思い、リッジフラット50Sをキャストすると・・・

20170510ブログ スタッフP最後の釣行記5

岩影から中々のファイターであったイワナが飛び出してきました!!

20170510ブログ スタッフP最後の釣行記6

キャッチした時、細軸に変更していたフックは曲げられ、さらにはスプリットリングから外れており、正に間一髪!!

ここで下山し、急いで初日にヒットしたサクラマスポイントへ!
しかし・・・。水位は高くなり、初日と違って濁りはキツく、1時間キャストするも無反応・・・。

この日もエサ釣り師2名が先行者としていた為、お話を聞くと・・・なんと私がヒットした同じ場所でサクラマスをバラしてしまったそうです!?

これにて、私のサクラマスと渓流遠征釣行は宿題を残しつつ、終了となりました。



そして5月9日、ジップベイツチーム・富樫さんが同じポイントにて私のやり残した宿題を無事に終えて下さいました♪
その時のスタッフレポートはこちら

この時事前に富樫さんから連絡を頂き、水位・透明度ともに私がバラした時と同じ状況。
私が「期待が高まりますね!」と連絡すると、「餌釣り師2名が先行者でいた様で、ダメかも知れないです・・・。」と返信があり。

「・・・ますますバラした時と似ている状況だな~」と思った4分後。
富樫さんはしっかりとサクラマスを釣られてました(驚)

また次回、サクラマスにチャレンジしてみようと大きく意欲が湧きました!!




ここで突然ではございますが、スタッフPは5月10日にて一身上の都合により、株式会社バスデイジャパンを退社する事となりました。これまで様々な形で支えて下さったフィールドスタッフの皆様や関係者様、そしてユーザー様には厚く御礼申し上げます。

ジップベイツ・バスデイの両ブランドにおけるホームページ、そして公式オンラインストアの運営をこれまでさせて頂き、色々と不手際があった事と思います。大変ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。
そして多くの皆様に支えられ、今日まで株式会社バスデイジャパンスタッフの一員として、楽しく過ごさせて頂きました。

本当にありがとうございました!!
これからもジップベイツをよろしくお願い申し上げます。




スタッフ P こと 小林 卓(コバヤシ タカシ)


******************************
お近くの当社製品取扱ショップで「リッジフラット45S/50S」「リッジ70S」の入手が困難な場合はこちらまでご連絡ください。
ジップベイツ公式オンラインストアはこちらより。
メール webmaster@zipbaits.com
電話  0533-83-8757  スマートフォンの方はこちらから電話をかけられます

2017年4月16日 ようやくアマゴが釣れました!

2017.04.21.Fri.11:12
こんにちわ!
3月の解禁から、各河川を歩き回っているスタッフP・・・。

しかし、今シーズンはどうもスタートが悪く、なかなか渓流魚をキャッチできませんでした(大汗)

ようやく心より「アマゴ釣ったーっ!」という気持ちになれる釣行となりましたので、スタッフブログに綴りたいと思います♪


4月16日

先シーズンの今時期、アマゴが良く釣れた河川へ行ってみる事に。
しかし思いとは裏腹に、チェイスがあったのは1匹のみ。

どうやら警戒心が強く、ボサなどの隠れる場所がないところにはサカナが入っていない模様です。
歩いていても、サカナが走る事もなく・・・


そこで木が生い茂っている支流を試してみることに!


リッジフラット45S/玉露ヤマメ・HMで誘ってみると・・・

20170420ブログ ようやくアマゴが釣れました!1

この日は夏日になり、カワムツ君がファーストフィッシュとなりました(汗)

気を取り直して再び釣り上がると・・・

20170420ブログ ようやくアマゴが釣れました!2

幼い顔をしたアマゴをキャッチ!久々に顔を見れました・・・
リリーズ後に同じポイントをもう一度丹念に探ると、追加でヒットさせるも痛恨のバラし。

次の堰堤プールに期待する事にします。
その1投目・・・

20170420ブログ ようやくアマゴが釣れました!3

少し沖目でサイズアップ♪
もう夏色になりつつある、アマゴでした!

さて再び歩き出すと、「チェイスはそこそこあるものの、口を使わせられない」という状況が続きます・・・。

どうもレンジが合っていないのか、もう一歩足りない気がするのでリッジフラット50Sに変更します。すると・・・

20170420ブログ ようやくアマゴが釣れました!4

20170420ブログ ようやくアマゴが釣れました!5

なかなか良いアマゴではないでしょうか?
今シーズン、ようやく心が満たされるアマゴにあった様に思えました!!

その後は何度かチェイスがあるものの、フックアップまで至らずに納竿。
まだまだ気難しい部分はあるものの、綺麗なアマゴたちに癒された釣行となりました♪


スタッフ P


******************************
お近くの当社製品取扱ショップで「リッジフラット45S/50S」の入手が困難な場合はこちらまでご連絡ください。
ジップベイツ公式オンラインストアはこちらより。
メール webmaster@zipbaits.com
電話  0533-83-8757  スマートフォンの方はこちらから電話をかけられます

2017年4月 アイテム出荷情報

2017.04.07.Fri.17:01
こんにちわ!ジップベイツ事務所前のサクラもようやく咲き始め、本格的な春がやってきました!!
今年は例年と比べ、サクラの開花が遅く感じるのですが・・・実際はどうなんでしょう??

どちらにしても、満開まであと僅かなので楽しみです♪

そしてこちらも楽しみである、ジップベイツ4月のアイテム出荷!!
いよいよソルトアイテムの出荷がスタートです♪


リッジディープ70F/S

20170407ブログ アイテム出荷情報1

お待たせ致しました!トラウトアイテム2017年シーズン最後、リッジディープ70F/Sの出荷になります!!

十分な潜行能力と、軽快な使用感を両立させました。
水の掴みが良く素早く潜り、狙ったレンジに達した後は必要以上の水流を逃がし引き重りを軽減できるようリップやボディを設計。
そのためミノーの動きが敏感に感じられ、小さなバイトでも捉えることができます。激しい誘いによるリアクション狙いの釣りや、ラインスラックの操作だけでミノーを 流れに定位させる止めの釣りも、いっそう行いやすくなりました。


リッジディープ70F/S 出荷カラー一覧

429 藍金ヤマメOB 【2017 NEW】
486 ピンクバックヤマメOB 【2017 NEW】
487 チャートヤマメOB 【2017 NEW】
015 ライムバックアユ
021 ワカサギ・HM
220 ストリームブルー
432 チャートバックヤマメ
637 ステルス&フラッシュ・HM 【大野卓也カラー】 ※70Sのみの出荷
703 アカキン
713 ゴールドチャート 【鳥居靖生カラー】
810 ヤマメ・H
820 アユ・HM
851 ナチュラルヤマメ
864 AK/ストリームフリッカー 【浅川和治カラー】



ZBLシャッド70SS

20170407ブログ アイテム出荷情報2

巻いて良し!誘って良し!!の湾岸ミッドランナー。

ステデイリトリーブでは強い明滅を伴ったタイトなスイミング。軽いトゥイッチでは規則的な連続ダート、激しいジャークになると不規則なパニックダート。激しい誘いの際にはウエイトが意図的に外れてバランスを崩すようマグ・ドライブの磁力を調整しています。
静と動を自在に使いこなし、刻々と変わるフィールドコンディションに対応するベイエリア用シャッドです。デイシーバス、ボートシーバスゲームにも最適です。


ZBLシャッド70SS 出荷カラー一覧

424 AKスイッチシルエット 【NEW 浅川和治カラー】
476 房総チャート 【NEW 岡直之カラー】
413 遠州イワシ
425 アカキンステルス・HM
470 ヒイラギ・HM
497 イワシクリアグローラメ/HM
569 マジカルシルバー
624 メタルカタクチ 【浅川和治カラー】
698 ホロ・シルバーシャインフレーク
703 アカキン
713 ゴールドチャート 【鳥居靖生カラー】
718 ホロイワシ
725 SSO 【鳥居靖生カラー】
861 パールキャンディ



ZBLシステムミノー9F/9F Tidal

20170407ブログ アイテム出荷情報3

2017年よりZBLシステムミノー9Fが復活!9F Tidalと併せて、より戦略的にシーバスを狙え!!

いかなるフィールドにおいても安定した釣果を誇る、ベイトフィッシュライクなスタンダードフォルム。
飛行性能を考えて必要十分なウエイトスペックをしっかり確保しながら、アクションを損なう事がない浮力設計が施されています。また高比重タングステンウエイト〝MZ-19〟を採用したことにより、低重心化に成功。
潮や川が早く流れるようなシーンでも、安定した泳ぎを見せます。またシャローエリアをよりナチュラルな泳ぎで攻略したい場合に活躍するのが9Fタイダルです。


ZBLシステムミノー9F/9F Tidal 出荷カラー一覧

429 AKスイッチシルエット 【NEW 浅川和治カラー】
476 房総チャート 【NEW 岡直之カラー】
404 朧鮎 【久保田剛之カラー】
425 アカキンステルス・HM
637 ステルス&フラッシュ・HM 【大野卓也カラー】
639 イエローヴィーナス 【久保田剛之カラー】
655 オーシャングレア 【大野卓也カラー】
703 アカキン
713 ゴールドチャート 【鳥居靖生カラー】
718 ホロイワシ
725 SSO 【鳥居靖生カラー】
866 バスクリーンⅡ ※9F Tidalのみの出荷


今回の出荷は以上になります。
昨日4月6日、各販売店様へ向けて出荷させて頂きましたので、店頭で見かけた際は手に取って見て下さい♪



******************************
お近くの当社製品取扱ショップで「ジップベイツアイテム」の入手が困難な場合はこちらまでご連絡ください。
ジップベイツ公式オンラインストアはこちらより。
メール webmaster@zipbaits.com
電話  0533-83-8757  スマートフォンの方はこちらから電話をかけられます

2017年3月 アイテム出荷情報②

2017.03.15.Wed.14:53
こんにちわ!

商品案内ブログ連投、失礼致します(汗)
というわけで今回のスタッフブログでは、3月アイテム出荷情報②をお送りしたいと思います!

今回の出荷はバスアイテムのオルビット!!



オルビット80SP-SR

2017315ブログ アイテム出荷情報1



オルビット90SP-SR

2017315ブログ アイテム出荷情報2



オルビット110SP

2017315ブログ アイテム出荷情報3

アングラーのリトリーブスピードや、ロッドワークに対しクイックに反応するオルビット。
ハンドメイドミノーがもつアクション感度の良さとプラスチック製ミノーのキャスタビリティ、その双方を融合させた新世代のミノーです。ジャーキングやトゥイッチングで、広範囲を探るサーチベイトとして有効です。

登場以来、バスのみならずトラウトにシーバスにと、幅広いジャンルで使用されている実績がその扱い易さを物語ります。


オルビット80・90SP-SR/110SP 出荷予定カラー一覧

675 レッドギル・HM 【2017 NEW】
676 オイカワ・WP 【2017 NEW】
021 ワカサギ・HM
049 赤金
050 キンクロ
070 ホットタイガー
337 リアルギル
476 房総チャート 【岡直之カラー】
564 ストロングチャート
817 関東リアルワカサギ 【岡直之カラー】


今回の出荷は以上になります。
今週末(3月17日)、販売店様へ向けて出荷予定となりますので、店頭に並ぶまで今しばらくお待ちくださいませ!

よろしくお願い致します!!

******************************
お近くの当社製品取扱ショップで「ジップベイツアイテム」の入手が困難な場合はこちらまでご連絡ください。
ジップベイツ公式オンラインストアはこちらより。
メール webmaster@zipbaits.com
電話  0533-83-8757  スマートフォンの方はこちらから電話をかけられます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。